大宥寺の沿革

忍法山大宥寺は大正12年に曹洞宗山鼻説教所として設立され、以来山鼻地区の発展と共に、檀信徒の皆様の篤い御法愛に支えられ、禅風の宣揚に勤めて参りました。

略年表
大正12年(1923年) 曹洞宗山鼻説教所設立。
以来本堂等の伽藍が整備され山鼻禅寺と称する。
昭和22年(1947年) 御開山に福井天章大和尚を拝請し、「大宥寺」と寺号を公称する。
山鼻禅寺の創立者が二世住職に就任する。
昭和36年(1961年) 二世住職遷化。三世住職就任。
昭和40年(1965年) 御開山遷化。
昭和52年(1977年) 新築本堂落慶。
昭和55年(1980年) 三世住職遷化。四世住職就任。